2014年02月28日

バス停にて

昨日ありしこと。

初老の人、今扉を閉めんとするバスの前にいて歩きつつ近づきしが、扉の閉じし音を聞くや、小走りに立ち寄りて、危うきを省りみず手のひらにて叩きけり。

運転手いちどき発車して三寸ばかり動かすに、たまらず止めて扉を開けしか、拡声器より「早よ、走れや」の声の車外に洩れしは、故意か過ちか、吾知る由もなし。

客は神にあらねども、人なれば相応の礼と心がけをすべしと、社に訴えるべきや否や悩む所なり。



posted by いにしへびと at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

悪語は好語を駆逐せむ

一国の頭を経し人の物言ひの、つらつらと記したるを読みて、習癖いかにも治らざりと思ふ者の多からん。

「転んじゃう云々」は、贔屓目に読まんとすれば、少々の無理あれどわからぬもなし。また、善く大事に言ひ及ぶこともあれど、ところどころに人の憎みを買ふ言の葉や混じりたる。これのみ取り上げて謗らんとする輩の多きこと、本人もまた存じてこの場にて嘆きたるは、何とも工夫なきことと断じぬべし。
posted by いにしへびと at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

競ふ者に幸あれと祈らん

「五輪に尊むべきは、勝ちにあらず、参加にあり」とは、当今めっきり聞くことなし。いつの間に死文となりたるやも知らず、吾もまた久しく思ひ起こすことやなかりける。

これ調ぶるに、巷言ふ如くクーベルタン男爵の名言にあらず。聖公会のペンシルベニア大主教であるエセルバート・タルボットンの話ぞ源なる。

本朝より五輪に参じる人、皆おのおの艱難を超へ辛苦に耐へ、家の禄をつひやして、当代その道の頂きに立てり。この優をもって国の府は税の端を分け与ふるものなれば、その果たしたる所に与ふるものとはまた別なり。金、銀、胴の丸板は尊けれども、これを誠に尊ぶるは競ひし者本人なり。あるひは戦へど甲斐なく敗れ一に落胆せしは同じく本人より他にあらず。余人の一喜一憂は意味少なし。

さて、再び調ぶるに、真にクーベルタン男爵の言ありて、これは先より数倍良し。
「己を知り、己を律し、己に打ち克つ、これぞ競ふ者の務にして、一に尊きことならん」

後悔、反省に泣く者あらば、親き者は手を取りて立たさん。遠き者はただ静かに見るべきのみ。
posted by いにしへびと at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。